Monthly Archives: 5月 2017

みんなで飯食べるのはおかしい

みんなで、ご飯を食べるのは明るい。
今更なにをということだけど、独り暮しが長かったせいか、そんな大前提はずっかり消えていました。
世渡りをしていく上で、孤立していたわけではなかったのですが、自分の労働、周りの人の労働が忙しくなるによって
グングン単独飯がの機会が増えてきました。一人ぼっちでご飯を食べるのがいたたまれないなどという姿勢を、TV書籍等で訊くことがありますが、
恥ずかしさなど、実に感じない生活に落ち着いたものです。
ただし、今日、きちんと日にちを作って馴染みって食事する間増やしていくって、これは明るいという再確認したのです。
無論基本は単独飯なのですが、絶えず他の人と共に飯取るのもいいなと思い始めていらっしゃる。
もてる子どもという、もてない子ども
年々バレンタインで不思議に思う事があります。
長男は小さい時から絶えず皆に色男だと言ってもらえている。ですが、女児にチョコをとてももらえないのです。本人は思いにもしていません。
次男はお世辞にも色男とはいえませんし、誰にも言われた事も弱いものの、チョコを複数取れるのです。さんざっぱら嬉しそうにしています。
次男は女児に優しいのでしょうか、性質がいいのでしょうか。
何だかパパは顔つきじゃないという事ですね。
適性や性質で日に日にモテ男に生まれ変われるのは父親の優待かもしれません。
おとななった時にさてどちらが女性にもてるのか今から楽しみにしておこうと思います。

ウキウキするような日が欲しい

自力を一層好きになることがしたいなあ・・・。たとえば、憧れていた俳優になるために芸能事務所へ出入りする自分が好きになり、毎日がウキウキするような、こんな知覚を味わいたいだ。なんだかその知覚にノスタルジーを感じるのは何故でしょうか。昔にあんな一筋になったことがあったのでしょうか。
ボクは自分が嫌いだ。けど好きに恋い焦がれるのです。そのためには醍醐味を長時間して、嬉しい本心を長時間したいと思っています。何かを楽しんでいる自力は好きになれるとおもうからです。こんなこと、思っているのは自分だけなのかなあ。
いきなりの休日も考えものです。
普段は至って忙しくOFF出勤も当たり前でしたが久々に三連休が取れたのです。社としても過労弊害を意識し休日を取らせる風潮になった恩恵です。ただし急に休日があったところで好みのない私に流行ることがありません。どうせレンタルムービーを借りて探るくらいしか感じ取れのです。レジャーも講じる病み付きがあれば有意義に寛げるのでしょうが遅めのモーニングを取り去り洗濯を終えてしまうと何もないのです。レンタルムービーも今の家屋からは遠いいため返しに行くエネルギーを考えると腰が重くなるのです。一層テレビジョンを見ようとするのですが予め興味がある放送もなく至急消してしまいました。あんな年中を3日間続け連休が終わってしまったのでした。

儲け先は人員を苦しめる

過日、箇所の淑女から骨折して1か月の入院すると通知が入りました。
予期せぬ傷につきそのことは仕方がないというのですが、我々は労基回答なのか、出社日数や事務日数などにほんとに細い結果、対処に悩んでしまいます。
代価削減という名目もあると思いますが、週間40日数限り働くとチクチク言ってくる。
40日数限り働くと何となく増し賃金が発生するみたいです。
そのくせ、走り込みの頭数しか雇い入れていないので、スタッフには心労が多くなる。
コーポレイトシステムである以上、得を追求するのは当然のことですが、先制投資をするという進め方を欠けると、いつまで経っても行き詰まりは解消されないですよね?
本棚をあっさりさせるために
わたしは大学生の時には自分の客間にたくさんのマガジンがありました。但し、最近の電子化のトレンドにのぼり漫画マガジンは電子版でよむようになりました。そのおかげで本棚がすっきりとして私の感覚もすっぱりしました。ですが、その漫画マガジンの場所に読物がどしどし侵食してきて、また本棚がいっぱいになってしまったのです。わたしは読物はそれほど電子版で掴むのが不向きだったのですが、電子化されていない物体以外は電子版にすることにしました。それほど決まったらすぐにでも本棚を整理したいと思ったわたしは、電子版があるかをネットで検索して起こるものはメモしていきました。仕分をした後はマガジンを古本屋に売りに行きました。おかげでいきなり本棚がまたすっきりしました。

JKの生足って高校生の校則についての分析!

日本の女子高命は冬の寒いお日様も豆スカに生足だ。
ストッキングを履いた女子高命などは真相もWEB、テレビも極めて僅かしか見た事が無く、つい先日見た女子高命も2月でマキシマム寒いお日様で都内もスノーが降ったのですが、豆スカ、生足で大腿が真っ赤になっていて見るからに寒そうでした。
確かに男子、男性にっとては豆スカ、生足の方がありがたいのですがWEBを見ると世界中の女子、女子から「日本の女子は大丈夫なの?」という神秘がられてある。
とっても日本の若々しい女子は冬季なのに豆スカ、生足で要る子どもが多く殊更寒さにもろい中国の女子から行く先乳幼児が埋めなくなると心配されてある。
豆スカ、スカートは女の子らしさをアピールする重要な品なので非難はしませんが、学業は少なくとも冬季はストッキングの着用を義務付けないと女子の面子の競いで生足では行く先に禍根を残す場合になりかねない様な気がします。
万歩通算の記念
万歩累算と言えば、健康に身に付けておくだけで自分がどのくらい歩いたのかが知る便利な物品だ。わたくしはこういう万歩累算には思い出があります。
昔、しばしば妻と巷へって出掛けたのですが、その際に思い切り万歩累算を身に付けていました。健康のためにできるだけ多数歩こうといった指しながら楽しんでいました。途中で歩数を確認するのが至極売りでした。前回出掛けた場面から歩数が増えているって歓喜があり、次は一際たくさんあるこうというテーマを立てたりもしていました。
今は自分の歩数を気にしていないため、万歩累算はてんで使っていませんが、これからまた健康のために続開してもいいのかなとしている。

排水口から、ピアス

お風呂の排水口を掃除してたら、失くしたピアスが見つかりました。
付外しの簡単な、リング状のピアスだ。
外装ピアスで指輪状と言うと、ボールのハマったカタチが馴染なのですが、これって本当はずいぶん塗り付けづらいんです。
ある程度細身で、容量が大柄なら良いのですが、
太めで、容量が小さくなるといった途端に置き難くなるんです。
ボールを外してから盲点に通さなくてはならないのですが、こういうボールを締め出すのに一苦労決めるし、
ピアスによってから最後に、またボールをパチっと返すのにも苦労します。
こういう余計な修行を解消した、一体カテゴリーの指輪ピアスって言うのがあるんです。
これは要素が一体化していて、押し付け易く失くし辛いのが特徴です。
なのに、排水口から出てきたのは、その一体カテゴリーピアスなんですよ。
イヤリングだとひとりでに取れて失くしちゃうからピアスが良いって感覚を随時聞きますが、
ピアスだってカタチによっては何時の間にか取れて失くしちゃうんだよなと思った経験でした。
携帯って正に必要ですかっ?、ガラケーで好ましいじゃないですかっ!
最近はケータイ全盛ですが、僕はまったくガラケーだ。
どうしてもケータイを所有する意思になれず、何故かというと最近のケータイは大きすぎ、重すぎなので財布に入れて持ち歩く気になれないからであり、”帯同”というテーマから逸脱しておる様な気がします。
スマフォは何しろ、PCであり超小型のPCにすぎません。
簡易的にWEBにアクセスするならガラケーも満杯であり、気軽に財布に入れて持ち歩け、液晶ディスプレーの壊れるプレッシャーのな要るガラケーの方が手軽でありアタッチメントとして有効であると思います。
奥様、女房ならば型ダイアリーの様なスマホケースも様にはなりますが、夫にあの様なスマホケースは様にならないと私のプライベート考え方ですが思います。