オレンジ旨みのチョコレート

私の家では平年バレンタインデーになると、お父さんがチョコレート配達で注文するのですが、
その時はどうしてもといって嬉しいほどオレンジフレーバーのチョコレートを任せます。
チョコレート自体は球体なのですが、オレンジを主題としているので、あえてステッカーの実情を向けて食卓に叩きつけて召し上がるので、次々というすごいサウンドが二階まで聞こえます。
奥様が「サウンドがうるさいからもっとそのチョコを頼まないで!!」という怒りました。
僕は「別の個々のチョコを頼んだら?」と言いました。
そうするとお父さんは「わかったそうするよ」という返事をしました。
私も奥様も何度もオレンジフレーバーのチョコを食べて掛かるせいか食べませんでした。
でも家事のためにという気持ちは伝わって生じるのが分かりました。
来季は別のチョコレートを買ってくれるのを期待しています。
バレンタインデーのキャリア
今日はバレンタインデーですね!今年は女にチョコといった、パジャマを貰いました。後は、ガソリンスタンドで給油担当のお姉さんに(笑) 学生の内はこの日はとてもドキドキしてましたね~、ひとつももらえなくてガッカリと言う事もよくありました。くれる拠り所も最も薄いのに、何故か降って湧いた喜びに期待しているという(笑) いよいよもらえそうになったのは、小学3年生の時。しょっちゅう押し問答していたプランの女の子が、バレンタイン即日はなんだか極めて大人しく、ブレイクタイムに近づいてきてこそこそ小声で「差し上げるからね♪」と言ってきて…しかし、旦那は先々オリジナルしたチョコを実家に忘れてきた部分に気づき、いよいよその日の夜更け自分で食べたといった翌日聞きました。
買えそうで買えなかった経験だ。

Comments are Disabled